子育て

1人の時間が欲しい。寝かしつけで今日も寝てしまった‥ママの1人時間は貴重です。

こんばんは。ぷぅたです⭐︎

今日も子供の寝かしつけで、がっつり3時間も一緒に寝てしまうというショッキングな出来事がありました。子育て中のママにとって夜の1人時間は何にも変えがたい貴重な時間。その時間がなくなるのは大問題であります。

今日はそんなママの1人時間について書いてみました^^

子育てして気付いた1人の時間の大切さ

子供を産むまで、こんなにも自分の時間が貴重だなんて思ってもみませんでした。出産するまでは、毎日通勤電車の中で携帯は触り放題。お昼休みも自分の時間が持てていたし、帰りの電車も1人です。帰り道、フラッと雑貨屋さんや本屋さん、カルディーとかに立ち寄る事も出来るし、休みの日はゆっくりランチやカフェにも行けました。平日も家事が終われば自分の時間。半身浴や漫画や本を読んだり、DVDを観たりと楽しんでいました。

しかし今は何もかもが変わり、子連れで出かけるのは想像以上にハードで、いつも外出先で「早く帰りたい」と思ってしまいます。本当に疲れているので、外出していても行きたいお店に寄る気も出でこないのです。どこかに寄る時間があるなら一刻も早く帰りたい!と思ってしまう。例えばフランフランでちょっと見たい物があったとしても、ベビーカーで入るのも大変だし、帰ってからご飯あげてお風呂も入れないとだし、今日はもういいや。帰ろ。ってなるんです。

そんな感じなので気軽に本屋さんも行けません。半身浴も子供が泣きながら起きてくるので滅多に出来ません。

子育てをしていると、1人でゆっくりする時間がこんなにも持てなくなるんだって絶望しました。そのため子供がお昼寝をしたら、嬉しすぎて毎日心の中ではガッツポーズ。息子には悪いなぁとちょっとだけ思うけれど、寝てくれたら本当にめっちゃめっちゃ嬉しいのです!例えると毎回宝くじで1万円当たったぐらいの嬉しさです。笑 これは子供を育てて見て改めて感じたことでした。

いかに自分の時間を有効に使うか

1日の間に自分の時間を持てるのは、子供がお昼寝をしている間夜寝かしつけをした後の時間です。お昼寝中は夕飯の支度をする事も多く、実際には自分の時間だったり、そうじゃなかったりします。

そして、1番期待できる夜の寝かしつけ後の1人時間。この時間は私にとって、かけがえのない時間。だから今日のように寝かしつけで一緒に寝てしまうと本当にショックとしか言いようがありません。今やってる在宅ワークだったり、本を読んだり、漫画を読んだり、友達にメールを返したり、これからの目標を考えたり、、やりたい事がありすぎて困るほど。

在宅のお仕事もその日にやらないといけない案件もあり、どうしてもお仕事優先になるので、いかに限られた自分時間を充実させるかにかかっています。そのためには、とにかく寝落ちしないこと!これにつきますね。世の中のママは、どうやって寝落ちしないようにしてるんだろう?目覚まし時計をセットしたら子供も一緒に起きそうだし、、いっそのこと、一緒に寝てしまって早朝に自分時間を取るのもアリかなぁと思ったりもします。

自分時間が無いのも子育ての醍醐味?

自分の時間が欲しいために、早く大きくなって!早く手が離れればいいなぁ~なんて思うこともしょっちゅうあります。大学生のお子さんがいる、スーパーのパートのおばちゃんが羨ましく思ったり。笑

でも、よく考えてみればそんな手のかかる可愛い時期は人生のうちであっという間なんだろうなぁ。。「ママ抱っこ~」と甘えてくれる今が本当は子育てで1番楽しい時期なんだろうなと。そう思うと、自分の時間が取れない子供に手のかかるこの毎日をいつか懐かしく恋しく思う日が来るのかもしれませんね。

1人の時間が欲しい!寝かしつけで一緒に寝てしまって自分の時間が無くなる件。まとめ

子育ては1人でゆっくりする時間が無くなり、本当に大変な毎日ですよね。でもそんな日々もいつか絶対に終わりがきます。今のこの瞬間をずっと忘れないために、子供との時間を思いっきり楽しんでいこうと思います( *´艸`)

自分の時間が無くて辛くてしんどい日もありますが、たまには息抜きしながら幼稚園入園を楽しみに頑張ります♪

以上、ありがとうございました☆